美容科・1年生 吉山さんの
1日に密着!

小さい頃、縮毛に悩んでいた吉山さん。中学2年の時に縮毛矯正を経験し、「こんなに変われるんや!」と気持ちまで前向きに。美容師を目指すきっかけになったそう。アマリビを選んだのは友達の勧めで。「少人数制でアットホームな学校があるって教えてくれたんです。大阪の学校に決まりかけていたのですが、『せっかくなら自由な学校で2年間楽しみたい!』と思ってアマリビを選びました」。将来の夢は、「自分のお店を持つことです!」。

美容科・1年
吉山千晴
兵庫県立神戸鈴蘭台高等学校

起床

服選びはヘアやメイクに合わせて

「服選びに1時間くらいはかけたいので」と早起き。その日のヘアやメイクの出来に合わせてセレクトするそう。

家を出発

早めに着いて先生のお手伝い

神鉄、阪神、近鉄を乗り継いで約1時間半。9時には学校に到着し、先生の道具の準備を手伝っているのだとか。

授業開始

好きな授業はメイクとネイルとカット

学校のことや技術のことは担任や校長先生、プライベートなことはメイクの先生に相談することが多いそう。

昼食

昼食はお母さんのお手製弁当

昼食はお母さんが作ってくれたお弁当。「外食の時もあるけど、基本は教室でわいわい喋りながら食べます」。

授業終了

学校終わりはだいたいアルバイト

授業のあとは週4でアルバイト。アルバイトがない日は学校に残って自主練するか、三宮へ買い物に出かけるか。

アルバイト

学校終わりはバイトや趣味に

アルバイト先は地元の焼き鳥居酒屋。アルバイトの休みは大好きなスタバで一息。

アルバイトがない日は・・・

学校に残って自主練

学校に残ってワインディングの練習をしたり検定の勉強をしたり。

ショッピングやドライブも

学校帰りに三宮によってショッピングを楽しんだり、地元の友達とドライブに出かけることも。

帰宅

睡眠時間は4〜5時間くらい

アルバイトの日は24時ごろに帰宅。寝るのはだいたい1時半か2時。「バイトがない日は22時くらいには寝てます」。

理容科・1年生(Wライセンスコース) 吉見くんの
1日に密着!

ファッションが好きでヘアアレンジも大好き。そんな吉見くんが理美容の世界を目指したのは高校3年の時。「アメリカンスタイルのバーバーに憧れて、自分もやってみたいと思ったんです」。将来を見据えてWライセンスコースを選択。「今は理容がブームですけど、時代によって変わるじゃないですか。なので両方の資格がほしかったんです」。将来の夢はアメリカでお店を出すこと。「30代のうちには実現したいと思っているんです」。

理容科・1年生(Wライセンスコース)
吉見伯斗
松江西高等学校

起床

洗濯は朝のうちに済まして

お姉さんと2人暮らしで、起きたらすぐに洗濯機を回すのが日課。服選びとヘアセットに1時間ほどかけるそう。

9:00

家を出発

毎日自転車で通学

起きてすぐに洗った洗濯物を干したら家を出発。JR尼崎駅近くの自宅から学校まで毎日自転車通学。

理容科の授業開始

得意技はかりあげのグラデーション

好きな授業はカットで、一番よく話すのは担任の先生。
「かりあげのグラデーションを作るのが得意ですね」。

昼食

お昼ご飯はその日の気分で

昼食はコンビニか外食、前の日の夕食の残りをお弁当に詰めて持ってくることも。「その日の気分次第です」。

理容科の授業終了

美容科の授業までは自由時間

この日は夜から通信教育(美容科)の授業。空いた時間は、練習をしたり、ゲームをしたり、YouTubeを観たり。

通信教育(美容科)の授業

社会人の人との交流も大切に

「昼とは違っていろんな年齢層の人がいておもしろいですね」。
理容と美容、両方の資格取得を目指している。

通信教育(美容科)の授業がない日は…

週4でアルバイト

美容科の授業がない日のほとんどはアルバイト。家の近くのスロット店でホールスタッフとして働いている。

アメリカ村でショッピング

通信教育もバイトもない日は友達とショッピングに。アメリカ村で古着を漁りに行くのがいつものパターン。

帰宅

寝るまでの時間はリラックス

1時ごろまで、インスタチェックやオンラインゲームでリラックス。お風呂場でバリカンの練習をすることも。